コラム

~健康診断の義務~✿

健康診断は、事業主が従業員に対し受診させる義務があるのをご存知ですか?

たとえ、従業員が一人でもいる場合は個人事業や中小企業でも、規模の大小関係なく健康診断を受診させなければならないのです。

労働安全衛生法令(抜粋:一般健康診断関係)

〇労働安全衛生法(健康診断)第66条「事業者は労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行わなければならない。

健康診断の費用は、誰が負担するのか?というと、会社が負担と定められています。

〇健康診断の費用の負担(昭和47年基発602号)「労働安全衛生法の規程により実施される健康診断の費用については、労働安全衛生法で事業者に実施の義務を課している以上、事業者が当然負担すべきものである。」としています。

受診の対象者ですが、常時使用する労働者、パートやアルバイトも条件を満たせば対象となります。(アルバイトやパートタイム労働者は、1週間の労働時間が社員の4分の3以上あるときは、社員と同様に健康診断の対象になります。)

ちなみに、健康診断に要した時間の賃金はどうなるのか?というと、一般健康診断の場合、当然には事業者の負担するものではありませんが、受診に要した時間の賃金を事業者が支払うのが望ましいです。

特殊健康診断の場合には、事業の遂行上当然実施しなければならないので、所定労働時間内に実施することが原則ですが、所定労働時間外に行われた場合は、割増賃金を支払わなければなりません。

パートさんは受診させなくてもいいと思っている事業主さんも多いと思いますが、そんなことはありません。パートさんの労働時間を確認の上、必要な方には正社員の方と同様に受診させてあげて下さい。